元本1,000万円を超える部分とその利息の行方

2002年の4月1日以降、1金融機関につき1預金者あたり元本1,000万円までとその利息が保護されることになりました。
いわゆる「ペイオフ(預金保護)」と呼ばれるもので、これにより、例え預金を預け入れた金融機関が破たんしても、この元本の1千万円までとその利息は護られることになるのです。

 

 

ただし、すべての預金と金融機関が対象となるわけではありません。
預金であっても、「外貨預金」や「譲渡性預金」「金融債(保護預かり契約が終了したもの)」といったものは保護対象外で、破たんした金融機関の財産状況に応じて支払われます。
銀行については、国内銀行であっても海外支店や、国外銀行の日本支店、政府系金融機関については保護対象から外れます。

 

 

保護対象の金融機関であり、また保護対象の預金であっても、元本の1千万円を超える部分については、破たんした金融機関の財産状況に応じて支払われます。
その利息部分についても同じ扱いとなります。

 

 

さらに、元本1千万円までとその利息部分を保護するとありますが、利息部分については金融機関が破たんする日までの分となります。
そのため、破たん日以降の預け入れ期間の利息については、やはり元本1千万円を超える部分の利息の扱いと同様に、破たんした金融機関の財産状況に応じて支払われることになります。

Comments are closed.