金融機関の破綻後、引き出し方法

金融機関が破綻した場合でも、預金保険制度により一般的な預金などは一つの金融機関ごとに合算して、預金者一人当たり元本1000万円までと破綻日までの利息が保護されます。したがって金融機関の経営が困難になった場合でも、慌てて預金を引き出す必要はないのです。
ただしこの預金保険制度を適用するためには、事前に当該金融機関において預金者ごとに口座をひとまとめにする必要があります。預金保険制度では元本1000万円までとその利息しか保護されませんので、預金者が同一名義で複数の口座を有している場合はその総額を把握する作業をおこなわなければならないのです。これを「名寄せ」といい、預金保険制度を適正に運用するための重要な作業になります。この作業終了後に一定の範囲内で金融機関の業務が再開され、預金を引き出すことも可能になります。
なお場合によってはこれらの作業が円滑に進まず、金融機関からの預金の引き出しが可能になるまでに数日かかるケースも想定されます。そこで預金保険制度では仮払いという仕組みを整えており、金融機関の破綻後、預金の引き出しに対応できるまで日数を要する場合は、預金者は一つの普通預金口座当たり60万円を限度として支払いを受けることができます。

Comments are closed.