決済用預金はどのような預金ですか?

銀行に預けた預金の中で、銀行が万一破たんした場合、保障されるのは元本1000万円とその利息までと決められています。しかし、それ以外にも保障される預金があるのです。それが、決済用預金です。条件としては、無利息、要求払い、決済サービスを提供できることです。

 
具体的に言うと、利息の付かない普通預金と、当座預金のことを指します。もともと、当座預金は企業が当座の資金の出し入れをするためにつくっておく預金口座のことです。これは利息がつきません。

 
そして、この当座預金とは別に、利息の付かない普通預金というものが存在するのです。都市銀行や地方銀行などでも扱っていて、この預金を利用することが出来るのは、一般個人、法人、マンションの管理組合です。何故、このようなものが必要なのかと言うと、企業や団体にとって、利息がつくことよりも、万一の時、元本が保証される方が大切なのです。上限1000万円では足らない場合が多いためです。そのため、このような預金をつくることにより、1000万円の上限を超えて銀行にお金を預けることが出来るのです。個人でも利用することが出来るため、最近では、個人自営業者などの利用も増えてきています。

Comments are closed.