制度の対象になる金融機関

銀行を利用するのは、預金や引き落としなどのテクニカルが生活に必須なのと同時に、投資に比べて銀行預金の方が安心だからという理由もありますが、安全なはずの銀行預金が、もしも銀行が破綻してしまったら人事ではいられません。

 

各銀行は保険料を出し合って破綻の時のために資金をプールしていて、どこかの銀行が破綻してしまった時は、プールしていた保険料を使い預金者に預金を支払います。したがって預金していた人には、銀行が破綻してもしっかりととお金が返るのですが、このロジックを預金保険制度といいます。この特徴的なシステムである預金保険制度を運営しているのは、政府やBOJ、民間金融機関が資金を負担し合い設立した預金保険機構です。しかしどんな預金でも、全額返るわけではなく、保険のターゲットになるのは、プレミアムのつく普通預金や定期預金などで、ひとつの銀行に対して一人当たり元本1000万円までとそのプレミアムです。

 

 

もしも1000万円をオーバーして預金していた分はどうなるのかというと破綻した銀行に、どれくらい資金が残っているかということをシミュレーションしてそれに見合った資金が預金者へ支払われる仕組みになっています。

Comments are closed.